3新しいボード?リストを祝います! ティッカー:835297

言語を選択: 中文 | ENGLISH | 日本語版

お気に入りに追加メールログイン

業界ニュース

フィリピンの第2のニッケルメーカーの総探査面積増田16.3%
2016年06月27日ヒート :1553

 

最近、フィリピンの第2のニッケルメーカーGlobal Ferronickelホールディングスの樸ジョンヒョン課長Inc .(FNI)傘下のソ里高子會社SIRCによると、すでに北ソ里高鉱區近く927.92ヘクタールの土地の探査権。これで、FNIの総探査面積は5701ヘクタールから6629ヘクタール、上げ幅は16.3%、大幅に増加した潛在的資源埋蔵量。

 

FNI同種業界では最低コストを持った企業の一つで、現在各鉱區の生産量の拡大など、フィリピンの最大の資源の會社だ。

 

先行報道によると、5月來月同社対外、傘下の位置の巴拉望フィリピンIpilanニッケル鉱開発計畫の承認は政府と、今年の第4四半期は実験船の納品曲ニッケル鉱、これを補完するために高雨期に蘇の出荷の影響だ。また、よれの運営も會社の利益のために、主に源をIpilan鉱業フル生産ニッケル鉱年産が300萬トンは、FNIニッケル鉱一倍を高めることができる。

 

FNI 2016年出荷やは橫ばいは2015年(540萬濡れトン)水準で、會社は、今年3月には、中國のバイヤーと締結した計450萬濡れトンのニッケル鉱石供給合意のうち、寶鋼注文した100萬トン、濡れニッケル鉱石青山持ち株約束250萬濡れトンを購入し、ニッケル鉱石上海國際貿易會社購買量が100萬トン、合計濡れ約2016生産目標の90%。


{ganrao}